再び点心教室へ

パソコンの不具合でネットに繋がらなかったここ数日。原因不明のまま、本日復活しました。

気を取り直して先日の点心教室のからupしていきたいと思います。

前回に引き続き、点心教室に修行に行って来ました。
今回は大好きな小龍包と大根餅、そして春巻きです。

まずは小龍包。
餡と生地は予め用意していただいているので、皮を伸ばすところから始めます。
生地はとても扱いやすいのですが丸く、そして薄く伸ばすのが第一の難関。
そして丸く伸ばした生地に定量の餡を乗せ、形を整え、いざ包みます。
当然のことながらここが最大の難関。
先生の手元をみていると、意図も簡単に美しい小龍包が出来ていくので「私にもできるかも~」と錯覚してしまいますが、もちろん出来ません。
今回もマンツーマン、いえ先生と奥様二人がかりで教えていただきましたが、あまり上達がみられないまま30個の小龍包が出来上がりました。



え~っと、見た目にきれいなのは先生作です。
まっ、初回ですし、私のは破れていないだけヨシ!としましょう。

今回も頑張ったご褒美は包みたて、蒸したて小龍包。



蒸したてはこんな感じ~。
スープがたっぷり入っているのわかりますでしょうか?



いや~、もう絶品でした~。
お肉の臭みなんかがないので生姜も黒酢もいりません。
至福の時間でした^^

午後は大根餅と春巻き。
大根餅は材料を準備し、30分蒸します。この間に春巻きの巻き方を教えていただきました。
「春巻きは簡単じゃないの~?」とお思いのあなた、本来春巻きは丸く巻くものなので(日本では何故か平たいですよね)、コツがいるんですよ~
何故、丸なのかも教えていただきながら包み方もしっかり習いました。



この日の餡はエビチーズでしたが試食は3種類用意していただけました。



皮がパリパリでどれも絶品!
特にエビチーズはお子様が大好きな味だと思います。

2度にわたっての点心教室でしたが、いろいろ勉強させていただき大変有意義な2日間でした。
飲茶パーティー開催まではまだまだ練習が必要ですが、地味に自主トレしたいと思います(笑)

お世話になりました小林先生、そして奥様ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。


コメントは受け付けていません。