一汁三菜マイスター講座から「豚の生姜焼きのお献立」☆

昨日に引き続き2月にスタートした一汁三菜マイスター講座のメニューについてご紹介したいと思います^^

IMG_1436_1

この講座は一昨年の6月から開催している一汁三菜レッスンをより多くの方に受講していただくため、マイスターさんにノウハウをお伝えして、レッスンを開催していただけるよう考案した講座です。

一汁三菜レッスンは
「定番家庭料理を作りながらお料理の基本の基本を学んでいただくためのレッスン」
という位置づけで2015年6月にスタートしました。

当初はお料理を始めたばかりの初心者さん向け講座にしていましたが、
ベテラン主婦の方にご参加いただいたところ、
「初めて聞くことが多かった!」や
「そうすれば美味しくなるね!」の
ひと工夫がたくさんあったというお声をたくさん聞き、
今ではどなたでも参加可能なレッスンとさせていただいております^^

私自身もこのレッスンのレシピは何度も試作を繰り返し
「一手間の大切さ」を感じていただけるような
「レシピ本やネットではあまりない情報」を知っていただけるような
そんなレシピを作り上げてきました。

レッスンのリクエストも多く、私もより多くの方にご参加いただき、
「我が家のおうちごはん」にご活用いただきたい気持ちが強いのですが、
私一人でこれ以上のレッスンをこなすのは時間的にも体力的にも限界があり、
現在は問い合わせをいただいてもご案内が出来ない状況となっております。

そこで私の想いを担ってくれる方をテーブルクラスの生徒様に募ったところ4名の方が手を挙げてくださいました☆
今回この講座に参加してくださった生徒様は専業主婦の方、フルタイムで働くOLさん、そしてすでに別の形態のお教室を主宰されている先生です。

現在3名のマイスターが誕生し2名のマイスターはレッスンをスタートしており、もう1名は5月から自宅教室をスタートされます。マイスターの皆さんのご紹介はまた後日☆

・・・

マイスター講座では4つのお献立16メニューを習得していただきます。
その中から今日は「豚の生姜焼きのお献立」のメニューをご紹介させてください。

まずはメインの「豚の生姜焼き」。

IMG_1440

男性に人気の高いのが豚の生姜焼き。
とりたてて作るのが難しいメニューではないですし、食卓に登場する回数も多いと思います。
主人も豚の生姜焼きなら毎日続いてもいい。。。という程です(笑

ですが、お料理教室に習いにきていただくわけですからタレや焼き方を一工夫して、やわらかくあっさりヘルシーに召し上がっていただけるようなレシピを完成させました。
これまでご紹介してきた材料だと季節が限定されてしまいますが、マイスター講座を始めるにあたり、年中作っていただけるレシピに変更いたしました。
この生姜焼きはマイスターの皆さんのご家族にも特に評判がいいそうです^^

次は副菜の「ささみともやしのナムル」。

IMG_1439

このメニューはささみの茹で方がポイントになります。
パサつきがちなささみも茹で方ひとつでしっとりやわらかくいただくことが出来ます。
加熱の仕方にポイントがあるのですが、これを覚えていただければ牛や豚にも応用することが出来ますよ^^

そして副副菜の「なすの甘酢漬け」。

IMG_1597_1

なすを下処理して焼いた後、甘酢ダレで味付けします。なすは油を吸いやすいので、気を付けないと脂っこい仕上がりになってしまいますが、このやり方だと必要以上に油を使わなくていいし、色よく仕上げることが出来ます。

最後は汁ものの「しめじと玉ねぎのスープ」。

IMG_1437_1

ささみの茹で汁を使ったスープです。
鶏を茹でた後の茹で汁には旨みがたくさん含まれているので、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。
茹で汁を美味しいスープに変身させるテクニックをご紹介いたしますね^^

・・・
「豚の生姜焼きのお献立」レッスンは皆さんに納得していただける調理の理論とたくさんのコツが詰まったメニューです。
お料理初心者さんも、お料理の基本をしっかり学びたい主婦の皆様も是非チェックしてくださいね^^

IMG_1436_1

明日は「魚の煮つけのお献立」をご紹介いたします。


コメントは受け付けていません。