一汁三菜マイスター講座から「ハンバーグのお献立」☆

引き続き2月にスタートした一汁三菜マイスター講座のメニューについてご紹介したいと思います^^

IMG_1298_1

この講座は一昨年の6月から開催している一汁三菜レッスンをより多くの方に受講していただくため、マイスターさんにノウハウをお伝えして、レッスンを開催していただけるよう考案した講座です。

一汁三菜レッスンは
「定番家庭料理を作りながらお料理の基本の基本を学んでいただくためのレッスン」
という位置づけで2015年6月にスタートしました。

当初はお料理を始めたばかりの初心者さん向け講座にしていましたが、
ベテラン主婦の方にご参加いただいたところ、
「初めて聞くことが多かった!」や
「そうすれば美味しくなるね!」の
ひと工夫がたくさんあったというお声をたくさん聞き、
今ではどなたでも参加可能なレッスンとさせていただいております^^

私自身もこのレッスンのレシピは何度も試作を繰り返し
「一手間の大切さ」を感じていただけるような
「レシピ本やネットではあまりない情報」を知っていただけるような
そんなレシピを作り上げてきました。

レッスンのリクエストも多く、私もより多くの方にご参加いただき、
「我が家のおうちごはん」にご活用いただきたい気持ちが強いのですが、
私一人でこれ以上のレッスンをこなすのは時間的にも体力的にも限界があり、
現在は問い合わせをいただいてもご案内が出来ない状況となっております。

そこで私の想いを担ってくれる方をテーブルクラスの生徒様に募ったところ4名の方が手を挙げてくださいました☆
今回この講座に参加してくださった生徒様は専業主婦の方、フルタイムで働くOLさん、そしてすでに別の形態のお教室を主宰されている先生です。

現在3名のマイスターが誕生し2名のマイスターはレッスンをスタートしており、もう1名は5月から自宅教室をスタートされます。マイスターの皆さんのご紹介はまた後日☆

・・・

マイスター講座では4つのお献立16メニューを習得していただきます。
その中から今日は「ハンバーグのお献立」のメニューをご紹介させてください。

まずはメインの「ハンバーグ きのこソース」。

IMG_1296_1

言わずと知れた超定番家庭料理でもあり、人気のメニューでもある「ハンバーグ」。
具を変えたりソースを変えたりすることでアレンジは無限に広がる一品ですよね^^
家庭によってもお店によっても作り方は様々だと思いますが、うちのハンバーグはお肉の量よりも玉ねぎがたっぷり☆
そしてつなぎで使うことが多いパン粉や牛乳は入らず、別の食材を使うことによってふわふわに仕上がります。
カロリーも減らせて一石二鳥!

ソースは赤ワインベースですが、とっても手軽に出来るソースです。
我が家に遊びに来るお子様たちにも大人気な一品です^^

次は副菜の「冷奴 アボカドソース」。

IMG_1302_1

こちらは2013年に開催したおもてなし料理レッスンでご紹介した一品。
お豆腐を含め使う食材は5品とシンプルですが、大好評で復習率がとても高かったのでこちらの献立に加えました。
「一汁三菜レッスン」でお伝えしているメニューは「日々の食事作りにとりいれやすい」という点も大事なポイントなのでこの冷奴はその点でもばっちり^^
調味料を少し変えれば和風バージョン、中華バージョンにもなりますよ!

そして副副菜の「ほうれん草の白和え」。

IMG_1313_1

ほうれん草の茹で方、下処理の仕方、簡単に出来る白和え衣の作り方など学びポイントがたくさん入っている一品です。
普段何気なくしている「ほうれん草を茹でる」という行為も「なぜ茹でるのか?」という理由を知っているのと知らないのとでは、出来上がるお料理にも違いが生まれてくると思います。

汁ものは「大根とワカメのお味噌汁」。
お味噌汁は必ず出汁を使わなくちゃいけないわけではないのです。
食材自体にうまみ成分がたっぷり含まれていれば、それが出汁になるので昆布やカツオの力を借りなくても美味しいお味噌汁を作ることは出来るのです^^

・・・
「ハンバーグのお献立」レッスンは一汁三菜レッスンを始めるキッカケとなったメニューです。
このハンバーグは30回近くレッスンさせていただいており、ブラッシュアップを繰り返し、自分でも納得のレシピになりました。
「ふわふわジューシーなさっぱり、それでいて旨みたっぷり」なハンバーグを求めている方は是非チェックしてくださいね^^

IMG_1298_1

・・・
一汁三菜マイスターでは4回にわたってご紹介してきた4つのお献立16メニューを習得していただき、教室開校希望の方にはレシピはもちろんのことレッスンの進め方や集客方法などもアドバイスさせていただいています。

次の記事でマイスターレッスンの詳細をお知らせさせていただきますね^^


コメントは受け付けていません。